12/13 00:00-1件のコメントに返信しました。

【レビュー・評価】超人的パルクールアクションが爽快!現代を舞台にしたオープンワールドアクション|インファマスセカンドサン

レビュー・評価

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

今回は、現代を舞台にしたオープンワールドアクション『インファマスセカンドサン』の感想・評価です。

このゲームの記事

 

スポンサーリンク

インファマス セカンドサン

プレイ時間 25時間
ジャンル オープンワールドアクション
難易度調整 なし

 

良いところ

超人的なパルクールアクション

『インファマス セカンドサン』で、何がなんでも紹介したいのは、

爽快すぎる超人的パルクールアクション

です。

  • 移動スピードが速い
  • 建ち並ぶビルにホイホイよじ登れる
  • 超能力で大ジャンプや空中ダッシュ

など、とにかくオープンワールドを快適に飛び回ることができます。

主人公の動きそのものに「気持ち良さ」が感じられるので、ただ移動してるだけでアスレチック的な楽しさがあるんですよ…。

この爽快感に魅了されましたぁ~!

街中をビュンビュン飛び回っているだけで楽しいゲームなんです。

善と悪を選べる遊び方

『インファマス』シリーズは、プレイヤーが善と悪のスタイルを選べる「カルマシステム」があります。

  • ストーリー上で主人公のとる行動を選べる(助ける・倒す)
  • オープンワールドでどんな遊び方をしているか(一般市民を攻撃する・しない)

で「善か悪」に傾いていくというシステムです。

どういう遊び方をしているかで、主人公が覚えられるアクションが変わったり、受けられるミッションが変わっていきます。


今作で印象的だったのは、善人プレイの拡充です。

これまではどちらで遊んでも、ダークヒーロー寄りの展開になっていたのですが、本作ではしっかりと善人シナリオが用意されていて「ヒーロー感」があるのがいいんですよ!

やっぱり、ヒーローになれるのが気持ちいいいじゃないですか!

街の人も好意的な言葉をかけてくれるしね!

 

覚えられるアクションが豊富

ゲームを進めると主人公は最大4つの超能力を使えるようになります。

  • スモークパワー(金網をすり抜けられる)
  • ネオンパワー(超高速移動)
  • ビデオパワー(空を飛べる)
  • ひみつ

ひとつの能力だけでもゲームが成立してしまうくらい、アクションのバリエーションが多いのに、それが4つも用意されているんだからスゴイ。

能力それぞれに、「フィールドアクション」「戦闘アクション」があって、スキル解放で独自アクションをどんどん覚えていきます。


オープンワールドの探索がスキル解放に必要なので、探索の動機になっているのもいいですね。

わたしはネオンパワーが大好き!

 

気になったところ

全体的にやや淡白

メインミッションは、

移動と戦闘の繰り返し

で淡白な印象を受けます。


探索要素として、オープンワールドに散らばる「シャード」の収集があるのですが、「隠されている」というよりも「置かれている」感じで、取り方に工夫がいらないので作業的に感じますね。

シャードの位置は、マップ上にすべてマークがついているので、取りこぼしがないのはうれしいです。

戦闘がパターン化しがち

敵を「拘束するか」、「抹殺するか」で、善悪のポイントが変わるのですが、あんまり派手な技を使うと一般人も巻き込んでしまうので、善人プレイをしているとメチャクチャしにくいところがあります。

わたしは照準操作が苦手なので、TPS主体の戦闘に気持ち良さが薄く、少々物足りなく感じました。

まとめ

一度はこの爽快なアクションを体感してみてほしい一作!

TPSの好き嫌いで、戦闘面の評価は変わりそうですが、善人プレイの拡充や主人公の若返りで、洋ゲー初心者でもとっつきが良いタイトルだと思います。

MY POINT
爽快すぎるアクションがめちゃくちゃ大好きです!

街を飛び回ってるときが一番楽しいですね~。

戦闘や探索面でもうひと捻りあれば、文句なしでした!

良いところ
  • 洋ゲーの中では馴染みやすい若者主人公
  • パルクールアクションが爽快
  • オープンワールドを快適に飛び回れる
  • 破壊描写が繊細
  • 前作よりも感情移入できるストーリー
  • 4つの異なるアクションが楽しめる
  • 善と悪で覚えられるアクションが違う
  • ネオンパワーが楽しい
  • ファストトラベルが一瞬
悪いところ
  • 淡白な探索要素
  • 戦闘がパターン化しがち
  • ハード初期作品特有のタッチ操作やギミックの多用
  • 意図せず一般人を傷つけてしまうことがある

コメント