9/20 22:30-1件のコメントに返信しました。

丸屋根のモスクと色彩が賑やかで楽しいイスタンブールの絶景集|アサシンクリード リベレーション

絶景集

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

今回は、『アサシンクリード リベレイション』の絶景集。

舞台となるのはイスタンブール。街の色がとても印象的です。

このゲームの記事

 

スポンサーリンク

イスタンブールの遠景


イスタンブールは、丸い帽子をかぶったような形の屋根が印象的な街です。

白い建物の中に、背の高い木々がひょっこりと顔を出していますね。

なんだろうなぁ、丸い屋根が「モスク」を連想させるからか、どことなく神聖な雰囲気を感じていました。


イスタンブールの夕焼けは、「燃えるような赤」というよりも「黄金色」と言いたくなる色合いですね。

街にはりつめる神聖な空気も相まって、貴重な景色を観ている気分になります。

イスタンブールの街並み


イスタンブールは、街中に緑が多いですね。

行き交う人は色彩鮮やかな民族衣装を着ています。

大きなモスクもいくつかあって、ランドマーク的にそびえ立っていますね。


いたるところで香(?)が焚かれていて、文化のちがいを感じます。

そこら中でモクモクしているので、最初は何かと思いましたよw

色、いろいろ


街を彩る色は、人々の衣装だけではありません。

露店に並ぶスパイスや果物、そしてじゅうたんの細かい模様が素敵ですねぇ。

じゅうたんは商店だけでなく、階段の手すりにかけられていたり、地面に敷かれていたりと、街全体を装飾してくれています。

海辺に停泊している船は、赤と黄の帆が並んでいて、こちらも色が目を引きます。
入港者を歓迎してくれているみたいです。

造船所と貧民街


海辺の賑わいからもわかるように、この時代は造船が活発のようですね。

造船所には、組み立て途中の船がいくつも並んでいて、ここは大きな船ばかり。

火薬や大砲の黎明期で、ゲームの中でもルネサンスの時代の流れが感じられます。


造船所周辺は、労働者が集まっているのか、中心街とは異なり、一気に街並みがみすぼらしく変化します。

木造の建物が増え、今にも剥がれそうに老朽化した壁板でできていますね。

このエリアの人々が着ている衣装はくすんでいて、生活格差がしっかりと表現されています。

まとめ

白い街並みに、人々や小物が色を足して、賑やかな街並みになっていて目を楽しませてくれました。

街中に置かれた「香」や露店商の「スパイス」から、街の匂いまで感じられるようでしたね。

前2作がイタリアだったので、舞台がガラリと変わって新鮮な気持ちで楽しめました。

コメント