12/1 10:00-コメントに返信しました。

発売から11年の『ベヨネッタ』を初プレイして驚いた!勝手に抱いていたイメージと違って驚いたところを紹介!

ゲーム雑記

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

わたしは2009年に発売されてから11年経って、ようやく『ベヨネッタ』をプレイしました!

今回は、実際にプレイしてみて、驚いたことをツラツラと書いてみようと思います。

ネタバレはしてない……はずなので、肩の力を抜いてゆるりとご覧ください♪

このゲームの記事

 

スポンサーリンク

ベヨネッタ

 

ベヨネッタのクールなキャラクターはイメージ通り!


まず最初は、「ベヨネッタ」というキャラクターについて触れたいと思います。

見るからにセクシーでかっこいいSっ気ムンムンのベヨネッタは、イメージそのまんまでした!!

寸分の狂いもないくらい、セクシーで自信たっぷりのナジリ上手!

ベヨネッタになら叱られたい!踏まれたい!

いや!そういう気持ちは全然わかんないけど!

でも、かっこいいのだ!

 

ベヨネッタみたいなキャラクター「ジャンヌ」……だと!?


『ベヨネッタ』を実際にプレイしてみて一番驚いたのは「ジャンヌ」というキャラクターの存在です。

わたしのプレイ前のイメージでは「ベヨネッタ」って孤高の存在だと思っていたんです。

唯一無二のクールビューティー!ベヨネッタ!

それが……、なんか似てるキャラおるやんーー!


しかもこのジャンヌが 超〜かっこいいんです。

超人的なアクションで敵を圧倒するベヨネッタを軽〜くあしらい、突然現れては消えていく謎の女!

互いに銃を向けて戦うのに、背中を預けて共闘することもあって、この2人の関係が最高にシビれる!!

チビ助に翻弄されるベヨネッタ


大人な女というイメージのベヨネッタに、子どもとの交流が描かれているのにも驚きました。

ベヨネッタと子供!?
予想外すぎるでしょ!

自分によく似た子どもに「マミー」と呼ばれ、やたらと懐かれ、ペースを乱されるベヨネッタが面白かったですね〜!

わんわん泣いてうるさいから最初は邪険に扱うんだけど、徐々に気にかけていく様子が微笑ましかったです。


ベヨネッタの「私はこの世に嫌いなものが二つあるの ゴキブリと泣き虫よ」っていうセリフにはいろんな意味で驚きましたね。

ベヨネッタ、ゴキブリ嫌いなんだ。笑

まぁ、ベヨさんなら「ゴキブリこわ〜い!」ってビビるんじゃなくて、無数の銃弾ぶち込んでケシ炭にしそうだけど!

現代的なフィールドがめっちゃ綺麗!


キャラクターではないのですが、ベヨネッタが訪れることになる“場所”にも驚きました。

『ベヨネッタ』ってキャラクターのイメージは強いけど、「どんな場所で戦っていくのか?」っていうことはあまり想像していなかったんですよね。

あえて挙げるなら、異世界ファンタジーみたいな感じ??

ところが、実際にプレイしてみると現代の架空の街が舞台で、フィールドがめっちゃきれいでした!


ヨーロッパ風の街並みや、高速道路、摩天楼まで出てきたかと思えば、異界への扉をくぐって美しい天界にも行っちゃう。

魔女であるベヨネッタは人間からは“見えない存在”だから、あんな奇抜な外見をしていてもOKなんですね〜。なるほど。

ベヨネッタに絶景のイメージってなかったから、思わぬ絶景との遭遇に喜んでいました。

謎のセクシーダンスに笑う!


セクシーなクールビューティ「ベヨネッタ」は、イメージ通りのキャラクターでしたが、ダンスを踊るのは意外でした!

「クライマックスアクション」を発動するときにクネクネとした謎の動きを見せたり、敵とダンスバトルを繰り広げたり……。

真顔でキレッキレのダンスを踊る姿に笑っちゃいましたよ!

スタイル抜群だからダンスもかっこいいの!

クリア後のボーナスムービーで披露してくれる本気のダンスは見入ってしまいますね!

まとめ

以上、『ベヨネッタ』をプレイしてみてイメージと違ったところを紹介しました!

長年プレイしたいと思いつつもプレイできずにいて勝手にイメージが膨らんでいたので、驚く部分は多かったです!

まだ1しかプレイしていないので、この後『ベヨネッタ2』でどんな風に物語が展開していくのか楽しみにしています♪