10/16 20:00-コメントに返信しました。

DCスーパーヒーローガールズ ティーンパワー【レビュー・評価】ワンダウーマンやハーレイクインなどDCコミックス女の子キャラが大暴れ!ファッションやSNSも楽しめるヒーローアクション

レビュー・評価

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

Nintendo Switch『DCスーパーヒーローガールズ ティーンパワー』の感想を書いていきます。

どんなゲーム?
  • DCコミックスの女の子キャラが活躍するヒーローアクション
  • 6人のプレイアブルキャラクターで街の危機を救う!
  • ファッションやカメラ機能でSNSを楽しめる!
スポンサーリンク

DCスーパーヒーローガールズ ティーンパワー

プレイ時間 8時間
ジャンル アクション
難易度 初心者から楽しめる
難易度調整あり

 

DCスーパーヒーローガールズ ティーンパワー:短評

『DCスーパーヒーローガールズ ティーンパワー』は、テレビアニメ「DCスーパーヒーローガールズ」をゲーム化したヒーローアクション。

ワンダーウーマンやハーレイクインなど、DCコミックスの女の子キャラクターたちの日常とバトルを満喫できるキャラゲーです!

操作できるキャラクターは、スーパーヒーローから3人、スーパーヴィランから3人の敵味方混合で 合計6人!

ヴィランも操作できるのうれしい!

それぞれのキャラクターは、ワイヤーアクションで建物を登れたり、空を飛べたりと想像以上に多彩で、箱庭マップの探索やサイドクエストが楽しめます。

街では様々なファッションアイテムが売っているので、自由にコーディネートを楽しんだり、写真を撮ってゲーム内のSNSにアップすることでフォロワーを増やすことも!

バトルは、ジャスト回避や必殺技などがあり、キャラクターごとにプレイ感が大きく異なる!
 
壊れた街の復興に募金をして好きな建物を建てられる遊びも!

仲間たちとワイワイ学校に通いながら、大いなる陰謀から街を救う賑やかなストーリーは、アニメ未見でもOK!

アメコミのかわいい女の子たちが主役の丁寧に作られたキャラゲーです。

キャラゲーとしてはgood


『DCスーパーヒーローガールズ ティーンパワー』は、6人ものキャラクターを操作できたり、それぞれのアクションの差別化や、フルボイスでのストーリーなどキャラゲーとしては十分に楽しめるレベルのクオリティだと思います。

わたしはアニメ未見でしたが、カートゥーンネットーワークの画風はカラフルでかわいいですし、ファッション性を取り入れた着せ替えやカメラ機能と相性がよく、アニメのファンの方ならさらに楽しめるんじゃないでしょうか!

プレイアブルキャラクターは以下のとおり。

  • バットウーマン
  • スーパーガール
  • ワンダーウーマン
  • キャットウーマン
  • ハーレイクイン
  • スターサファイア

ゲーム前半で使えるスーパーヒーローは少し使いづらいのですが、後半で使えるようになるスーパーヴィランは、強力な広範囲技や遠距離射撃を覚えていて、なかなか爽快!

あくまでキャラゲー


キャラゲーとしては及第点の本作ですが、あくまでキャラゲー。

アニメのファンの方や女の子たちが活躍するゲームを遊びたいという方以外には、特にオススメポイントはありません。(そりゃそうだ)

ゲームとしてみると、アクションは途切れ途切れでもっさりとしており古臭く、敵パターンの少なさや、単調なバトルの繰り返しなど、大人が腰を据えてやるにはかなりライト

わたしも小さい頃に女児アニメのゲーム化タイトルを遊んでいたので、自分が子どもの頃にあったら楽しめただろうなと思うゲームです。

まとめ

DCコミックスでおなじみの女性キャラクターたちが活躍するヒーローアクションです。

子ども向けのキャラゲーとしては、箱庭マップの探索や収集、サイドクエストにファッションと、様々な要素を詰め込んだかわいくて楽しい内容になっています。

プレイアブルキャラクター以外にもサイドキャラクターが多数登場しているので、DCコミックスのキャラクターがお好きな方には嬉しいゲーム化です♪