10/19 9:00-コメントに返信しました。

ドキドキ文芸部プラス【レビュー・評価】萌えかわいい見た目に騙される!戦慄のびっくりどっきりアドベンチャー

レビュー・評価

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

PS5/PS4/Nintendo Switch『ドキドキ文芸部プラス』の感想を書いていきます。

本記事は『ドキドキ文芸部プラス』のネタバレ内容に触れる部分もありますが、開閉式にして伏せていますので、ネタバレが心配な方も安心してお読みいただけます。
どんなゲーム?
  • テキストを読み進めていくノベルゲーム
  • 文芸部で出会うかわいい女の子たち
  • かわいい見た目に騙される!開けてびっくりのシナリオ
スポンサーリンク

ドキドキ文芸部プラス

プレイ時間 3時間半(本編クリア:2時間半)
ジャンル アドベンチャー
難易度 初心者から楽しめる
表現 心臓が弱い方は注意が必要

 

ドキドキ文芸部プラス:短評

『ドキドキ文芸部プラス』は、文芸部に入部した主人公が、詩を作りながら女の子たちと交流していくアドベンチャーゲームです。

こんなにかわいい見た目をしていますが、女の子に萌え萌えキュンキュンするようなゲームでは 断じてありません!

見た目とのギャップがすごすぎる!と話題になった、戦慄走るびっくりどっきりゲーム なのです!


文芸部の女の子たちは、

  • 元気な幼馴染みキャラ
  • ちびっこツンデレキャラ
  • クール系お姉さんキャラ
  • なんでもこなす才色兼備キャラ

と、一通りのキャラクター属性を網羅していて、国産のアドベンチャーゲームかと勘違いするほど。

新設の文芸部で繰り広げられる和やかな雰囲気からの、急転直下の展開に、

わあぁぁぁあああぁあぁあ!!

と叫んでしまうこと必至です!

ほんとにびっくりするよ…!
それぞれの女の子が好きそうな単語で詩を作ることでキャラクターと親密になれる!
 
ゲーム開始時には、刺激の強さや表現内容についての注意事項に同意しなければならない

約3時間の短いプレイ時間の中で見せる驚きと、ユニークなストーリーテリングを使った意欲作です。

闇鍋をつつくドキドキ感を楽しんでこそのゲームなので、できるだけ情報を見ないでプレイするのがおすすめ!

びっくり箱だとわかっていてもびっくり楽しめる

「見た目はかわいいけどなんだかヤバいゲームらしい」

そんな噂を聞いて、一番不安に思っていたのは、びっくり箱をびっくり箱だとわかった状態で楽しめるのかどうか?というところでした。

だってそうですよね。

びっくり箱は、びっくり箱だと知らないからこそびっくりできるわけですから。

結論だけ言うと、普通にびっくりして、そして、びっくりさせられることを楽しめました!

前半のかわいい萌え萌えとした雰囲気からの180度の方向転換は強烈ですし、なにせ いきなり来ますからね!

十分に警戒していたはずなのに、後ろから殴られた!みたいな衝撃はどうやったって避けようがありません!

なんというか……、このゲーム自体が「呪いのビデオ」のような、見てはいけないものを見てしまった感が凄まじいです。

ちょいネタバレで紹介(開閉式)


ネタバレ厳禁!とは言っても、「それじゃあどんなゲームなのかわからん!」という方も多いと思いますので、開閉式で少し触れておこうと思います。

公式サイトや紹介文に載っているような「軽微なネタバレ」と、「もう少しネタバレ」の2種類に分けていますので、ネタバレの深度はおまかせします!

 

 

ストーリーテリング/演出がユニーク


これはネタバレ的にかなり際どい部分なので、あまり詳しくは書けないのですが独自のストーリーテリングと演出の才は飛び抜けたものがありました!

演出面では、かわいい雰囲気に別の情景を差し込む、「サブリミナル効果」のような手法も用いられており、深層心理に不気味さを植え付けられたような感覚でしたね!

シナリオ的な驚きも魅力のひとつですが、それ以上に評価されているのは、演出手法やストーリーテリングのユニークさであるように思います。

追加シナリオについて


すでにオリジナル版の『ドキドキ文芸部』はプレイしたよ!という方には、新要素のサイドストーリーの内容が気になるところかと思います。

こちらは、特にびっくりするような仕掛けがあるわけではなく、普通に文芸部の女の子たちが絆を深めていくほんわかストーリー。

本編のようなテイストを期待するなら不要ですが、本編ではなんやかんやあった女の子たちの日常をのぞきたい!という方には嬉しい追加要素になっています。

まとめ

見た目とのギャップに驚愕しまくりの謎めき楽しいアドベンチャーゲームです。

噂に違わぬ衝撃を運んでくれるので、怖いもの見たさでプレイするには十分な魅力ありです!

プレイ時間が非常に短く割高である点や、ボイスがなく女の子の魅力を活かしきれていない点、ネタゲーの側面がある点、このあたりは好みがあると思うので参考にしてみてくださいね。

『ドキドキ文芸部プラス』みたいなゲームを探している人へのおすすめ

カオスチャイルド


『ドキドキ文芸部プラス』のようなスウィートで毒っ気のあるシナリオに惹かれたなら、おすすめなのは『カオスチャイルド』です!
かわいい女の子たちとの、日常が狂っていくカオスなシナリオが体験できるアドベンチャーゲーム。
ミステリーとしての魅力も高く、グロテスクな刺激もあってグイグイ引き込まれます!

コメント