10/15 21:30-1件のコメントに返信しました。

【レビュー】無線機の向こう側に想いを馳せるミステリーアドベンチャー|Firewatch(ファイアウォッチ)

レビュー・評価

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

PS4ダウンロードソフト『Firewatch(ファイアウォッチ)』の感想。

スポンサーリンク

【Firewatch(ファイアウォッチ)】

プレイ時間 3時間
ジャンル ミステリーアクションアドベンチャー

 

どんなゲーム?

プレイヤーは森林監視員として無線機からの指示に従い、森を散策することでゲームを進めていく。

地図とコンパスを見ながら指定された目的地に向かいつつ、無線機から聞こえる声に様々な選択肢で応答していき物語が展開。

イベントを達成すると自動で日数が経過。

良いところ

絵画タッチで描かれる森林世界

『Firewatch(ファイアウォッチ)』は、絵画タッチで描かれた森林世界を歩いてストーリーを進めるミステリーアクションアドベンチャー。

朝、昼、夜、に表情を変える森が美しいね〜!


森林と一言でいっても、湖や洞窟もあれば、場所ごとに群生している木々も違う。

森林火災の原因を取り除く仕事を進める中で、アートな世界を楽しむことができました。

絵の具を広げたような青空が綺麗だった!

 

そして「ミステリーアクションアドベンチャー」というだけあって、ゲームを進めていくとストーリーは奇妙な方向へと回りだします。


不審者によって主人公の住む監視塔が荒らされたり、謎めいた施設を発見したり、放火の疑いのある森林火災が発生したり…。

ちょっとしたミステリー要素も詰まった作品。

無線機の向こう側を想像させるコミュニケーション

『Firewatch(ファイアウォッチ)』というゲームは、”無線機”がアイコンとして機能してるのが面白い!

私生活に問題を抱え、森林監視員として住み込みで働くことになった主人公にとって、無線機から聞こえる声だけが、自分以外の”誰か”を感じられる瞬間なんですね。

無線で指示を飛ばしてくるデリラ。

デリラとの会話は事務的なものではなく、ウィットに富んでおり、ジョークや自然な皮肉のやりとりで、軽妙な会話が心地いいね。

プレイヤーはいくつかの選択肢によってデリラとの会話を楽しみます。

初めて無線で会話した時なんか、デリラ酔っ払ってたしね

 


顔が見えない相手との会話は、うーん、リラックスした状態っていうのかな。

相手の目を気にしなくていいから、変に自分を作ることなく自然と言葉が紡がれている感じ。

それはデリラも同じのようで、直接会っているときよりも”近さ”を感じます。

徐々にプライベートな部分に会話が及ぶようになり、互いの呼び方が変化したり、機嫌を損ねて無線を切られるのがさびしかったりね。


無線機の向こう側にいるであろう、顔も知らないデリラ。

今なにしてるのかな?
どんな表情で話してるのかな?

そんな風に想いを馳せながらプレイするのが面白かった。

気になったところ

あくまでウォーキングシミュレーター

森林世界を歩き、無線機からの声に選択肢で答えながら、ストーリーを進めていく『Firewatch(ファイアウォッチ)』。

アイテムを取得したり、ロープをかけて崖を登ったりと、多少のゲーム性もありますが、あくまでウォーキングシミュレーター。

地味っちゃ地味です。


美しい森林世界を楽しもう、デリラとの会話を味わおう。

そんな風にしてゲームをプレイすると、楽しめるかな!


まとめ

森林世界の美しさと、無線機から聞こえる声との会話を楽しむミステリーアドベンチャー。

全体的に地味ではありますが、絵画タッチで描かれたグラフィックが美しいですね。

顔の見えない相手とのコミュニケーションが、このゲーム最大の魅力です。

MY POINT
デリラに無線切られた時と、電波が届かない時の、あの不安感。

これまでだって、そばには誰もいなかったのに、世界に一人、置き去りにされたように感じるのが不思議だったなぁ。

オブジェクトを見つけた時は、逐一デリラに報告して、いっぱい会話を発生させてた。笑

誰かと話したくなる、そんな孤独が森にはあるんだよね。

自然のグラフィックが綺麗でした。

 

コメント