2/17 00:30-1件のコメントに返信しました。

キングダムハーツ3【プレイ日記】モンスターズ・インク、アナと雪の女王のワールドをクリア!

プレイまとめ

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

今回は『キングダムハーツ3』のプレイ日記。

特に心に残ったワールドをピックアップしていこうと思います。

今日は「モンスターズ・インク」と「アナと雪の女王」、2つのワールドの感想を書いていきます。

続きから読みたい方は、目次からジャンプでお願いします。

物語の核心には触れないようにしていますが、ネタバレが気になる方は閲覧しないことをおすすめします。

スポンサーリンク

キングダムハーツ3:プレイ日記

塔の上のラプンツェル

最初にディズニーワールドの底力を感じたのは『塔の上のラプンツェル』!

なんと言ってもラプンツェルは、ディズニーアニメーション復活を成し遂げた象徴的な映画。

ここからアナと雪の女王、、ズートピア、ベイマックスなど、数々の名作を誕生させることになるわけですからね!

わたしも『塔の上のラプンツェル』を劇場で見て、胸を高ぶらせたのをよく覚えています。


そして、そんな名作の舞台が、あぁ!目の前に!

さすがにラプンツェルの髪の質感は3DCGアニメーションには劣りますが、フリンなんて映画とほぼ一緒ですよ。

すごいなぁ…

『塔の上のラプンツェル』は映画の追体験物語となっているので、映画の物語をなぞりつつ、ソラたちも物語に参加していきます。


よく考えたら、ラプンツェルの物語って森の中のシーンも多いので、「この場所で遊べるなんて!」というポイントって多くないですね。笑

外の世界に初めて出たラプンツェルのために、綿毛を飛ばしてあげたり、水場で水を掛け合って遊んだりと、ゲームらしい遊びで森を散策していけるのが楽しいです。

落ち込んだり、喜んだり、喜怒哀楽が激しいラプンツェルがかわいいんだよね。

さて、そんな、なんでもないただの美しい森を抜けると、いよいよお城です。


ここばっかりはうわぁああぁぁぁ〜!となります!

街の人たちを巻き込んでいくダンスも、リズムゲームに近い形で再現。

やばい、超たのしい…!

映画の物語をなぞっていくわけですから、ソラたちは外野になりがちで、キャクターとの交流はあまり多くないワールドだと思います。


美しいランタンシーンや、フリンの危機など、ゲームだということを忘れて、普通に『塔の上のラプンツェル』のおはなしを楽しんじゃってました。

もうさ、ほんとに綺麗だよ…。

最後はゲームですから、魔女と対決するのはソラたちの役目!


塔をウォールランで駆け上がり、ボスの態勢を崩して、落下していくボスを追いかけるように落下してトドメのアタック!

くぅぅ〜!かっちょええ!!

トイ・ストーリー

トイ・ストーリーのワールドは『 1 』の後日譚かな?

ウッディやバズとともに、消えてしまったおもちゃたちを探してアンディの部屋を飛び出します。

トイ・ストーリーといえば、ピクサーの顔!

その主な舞台だったアンディの部屋を、ゲームの中で動き回れるのは感慨深いものがありますね。


さして広くないし、さっさとアンディの部屋からは脱出することになるんですが、

あ、ベッドカバーがバズだ!

とか、小さい発見があるとうれしい。笑


グラフィックはもはや、映画と同等のように感じますし、ゲームショップで「バハムートが倒せないんだよー!」って攻略本の立ち読みに粘るレックスとか、トイ・ストーリーは仲間たちがワイワイと楽しいのがいいね。

っていうか、レックス好き。

ストーリーは、操られたおもちゃと戦わなきゃいけないバズの表情がつらそうでした。

最後にかっこいいのはウッディ。

敵である13機関に、おもちゃが偉そうに…と言われたときのセリフがいいですね。


「そう 俺はおもちゃさ それがどうした?」

アンディに愛されていることを知り、自分がおもちゃであることに胸を張るウッディがかっこいい。

「俺たちはアンディの部屋に帰る
愛するみんながいる場所に帰るんだ」

力強い言葉と共に、一歩、また一歩と、ソラとともに闇を払っていくシーンがほんと熱い。


最後には、映画で見たような仲間の救出シーンが描かれます。

わたし、トイ・ストーリーは普通に好きかな〜ってくらいだったのですが、こうやってゲームの中でキャラクターとして交流してみて、そのかっこよさに惚れました!

ウッディの声優さんがすごくいい!

ちゃんと唐沢さんのウッディっぽく聞こえて、言葉のひとつひとつが聞きやすくて力強い。

トイ・ストーリーワールドの感動を押し上げた立役者ですね!

モンスターズ・インク

やっっっっっっっってきました!

モンスターズ・インク!


今回の『キングダムハーツ3』の中で一番楽しみにしていた場所です。

『モンスターズ・インク』はね、アイデアが天才的です。

  • 子供たちの悲鳴を集めるお仕事
  • ドアが世界中のクローゼットへと繋がっている

わたしは子供の頃から極度の怖がりだったので、「あの扉の向こうに何かいたらどうしよう…」そんな妄想を膨らませたビビリキッズでした。

そんな子供時代の不安を切り取ったような『モンスターズ・インク』は、ピクサーいち、大好きな作品です。


ワールドに入るとさっそくマイク、サリー、ブーの3人がお出迎え。

この世界っぽくフォルムチェンジしたひとつ目のドナルドを見て、ブーが「マイク・ワゾウスキ!」って連呼するくだりで、

あぁ、もう!
モンスターズ・インク最高ッ!!

ってなりました。笑

やりとりが楽しすぎる!

 


『モンスターズ・インク』と言えば、ドアの整列するここですよ!

人によってね、この世界のここに来たかった!っていうポイントって違うと思うんです。

わたしはここ。

この場所にずっと来たかったんです。

以前、『ディズニーインフィニティ』っていうディズニー世界を冒険できるゲームがありましたが、そちらは『モンスターズ・ユニバーシティ』が舞台だったから、この場所は本当に初めて。

感動です。


おはなしは『モンスターズ・インク』の後日譚。

笑いによってブーのエネルギーを引き出すために、インクまみれになるマイクとサリー。

なんかもう、普通に映画の続編作ってほしくなりません!?

こんな続編あったら楽しいよね!絶対。

方向性を笑いに変えてから、トップの座に君臨していたマイクがスベり倒してるのとか、かわいくて面白くてたまんない。


でもね、最後にボスと戦うときには「久しぶりに怖い方でいくぞ!」って、ちゃんと映画の設定が好きだった人にもうれしい展開になってる。

いいシナリオです。

子供の頃に『モンスターズ・インク』を見たときは、ブーの顔がリアルで怖いと感じていたんだけど、今はもう天使にしか見えない…。

アナと雪の女王

『キングダムハーツ3』最大の目玉と言えるのが、この『アナと雪の女王』じゃないでしょうか!?

この一枚の絵を見ただけでわかりますね。


なるほど、本編の追体験だな!と。

氷の力が暴発して、誰かを傷つけてしまうことを恐れるエルサ。

エルサとの出会いのシーンで、その力がハートレスを倒したというのに、何も言わないソラたちにはおい!ってなりましたけどね。

「その力が 俺たちを守ってくれた」くらい言ってやれ!と。


さて、どんな風に追体験していくのかな?と思いましたが、いきなり「レット・イット・ゴー~ありのままで~」が!

うそ!?歌うの!?

って驚きましたよ!

だって、『塔の上のラプンツェル』では1曲も歌ってくれなかったですからね。

久々に聞きましたが、やはり名曲。


そして圧巻のミュージカルシーンですね。

誰かを傷つけたくない。でも、自分のままでいたい。

そんな葛藤から解放され、自由に氷の力を使うエルサがただただ美しい。

途中で、「あれ? わたし いつ映画のブルーレイに入れ替えたっけ?」って思うくらい、そのまんま『アナと雪の女王』の映画を見ている気分でした。


「なんか すごい場面に立ち会って感動してる」

ソラの感想に、うんうん!と激しく同意。。

このシーンを見たあと、日常生活でレット・イット・ゴーのメロディが頭から離れなくなった人多数だと思う。笑


さらには、「雪だるま作ろう」のミュージカルシーンまで(ショートバージョン)。

音楽の魅力で人々を引きつけた『アナと雪の女王』らしい追体験になってるなぁ。

『アナと雪の女王』にはもう一人、人気のキャラクターがいますね。

雪だるまの、オラフ!


”雪だるま”という設定を活かして、バラバラになったオラフを集めるんだけど、「失敗作オラフ」がどれも面白かった。

特に、やたらでかい胴体くっつけたオラフね。笑


最後は、真実の愛がアナを助ける。

アナとエルサ。
ディズニー初の「ダブルプリンセス」が巻き起こした社会現象を思い出させてくれるワールドでした。

まとめ

相変わらず豪華なディズニーワールドの連続!

残りはパイレーツオブカリビアンと、ベイマックス

名残惜しい気もしますが、最後まで楽しんでプレイしようと思います。

コメント