12/13 00:00-1件のコメントに返信しました。

【レビュー】きっと忘れられない1本になる!写真と時間のトリックで魅せる圧倒的シナリオの名作青春アドベンチャー|ライフ イズ ストレンジ

レビュー・評価

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

PS4/XboxOne/PC『ライフイズストレンジ』の感想。

時間を巻き戻す力を得た高校生マックスが体験する、青春とサスペンスに満ちた奇妙なアドベンチャー。

このゲームの記事

 

スポンサーリンク

Life Is Strange(ライフ イズ ストレンジ)

プレイ時間 25時間(クリア:13時間)
ジャンル アドベンチャー

 

どんなゲーム?

キャラクターを操作し、会話の選択肢や、「時間を巻き戻す」能力を使って物語を進めていくアドベンチャーゲーム。

どんな選択をしても一つの結末へと導かれていくタイプのシナリオ。

プレイヤーは会話中以外なら、基本的にはいつでも時間を巻き戻すことができ、選択肢を選びなおすことができる。

良いところ

時間を巻き戻すことによる安心の遊びやすさ

きっと、忘れられない1本になる   

わたしにとって『ライフイズストレンジ』は、特別な魔法がかかっているゲームです。

時間を巻き戻す力を得た主人公マックスが、親友との青春を過ごしながら、田舎町で起きる失踪事件を追いかける中で不思議な体験をする。

アドベンチャーゲームは、選んだ選択肢によって未来が変化していくのが面白いんだけど、

違う選択をしたらどうなっていたんだろう…?

って、後ろ髪を引かれることが多い。

本作は主人公のマックスが、「時間を巻き戻す」という破格の能力を持っていて、直後であればL2ボタンを押すことで、ギュイーン!と時間を好きなタイミングまで戻せてしまう。

つまり、

選択肢が選び直し放題。

こんなに遊びやすいアドベンチャーゲームは他にないよ!

 


どんな選択をしても、1つの結末へと導かれていくタイプのシナリオで遊びやすく、

この選択肢は 大事ですよ
のちのストーリーに影響しますよ

という部分では、お知らせしてくれるので、くだらない会話も楽しみながら、悩むべきところでは悩みながらプレイすることができる。

パズル的な巻き戻しのギミック

主人公マックスの「巻き戻し」能力は、選択肢を選びなおせるだけじゃない。

例えば、

  • 飛んできたボールに当たった友人を見たら、時間を巻き戻して「危ないよ」と教えてあげる
  • 鍵のかかったドアをぶち壊してから、室内で時間を巻き戻すとドアが施錠された状態で室内に入れる
  • 質問の答えを聞いてから、時間を巻き戻して正しい選択肢を答える

巻き戻しによるギミックは、パズルを解いていくような面白さがある。


親友のクロエは唯一、マックスの「巻き戻し」能力を知っている存在なので、力を使って起こす不思議な現象をバカ正直に喜んでくれるのがプレイヤーにとっては気持ちがいい。

「マジかよ ヤベえ!」
「魔法かよ!?」

口の悪さが余計に愛しいよね。笑

 

時間と写真のトリックで見せる圧倒的シナリオ力

『ライフ イズ ストレンジ』のシナリオは本当にとんでもない…。

主人公のマックスは写真家を目指しており、”写真”というアイテムが重要な役割を果たす。

タイムトリップ × 写真

というのはよくあるネタだけど、鉄板だからこそ、やはりシナリオとの相性の良さを感じざるを得ない。

過去に飛び込んで歴史を変えれば、これまで撮った写真が変化する。

改変による影響が一目でわかるし、時には受け入れがたい現実に直面する。

思い出が消えていくときの心の痛みは、セリフで多くを語るよりも写真1枚の変化によって胸をエグられる。

宝物のような青春を体験した後の、全てがひっくり返るような展開

青春にフォーカスしていると見せかけて、大きな事件によってサスペンスへと転じ、プレイヤーを悩ませる”最後の選択”へと帰結する…。

もうね、「圧巻!」の一言!

これは、本当にやばい!

だぁぁぁぁ!
先がめっちゃ気になるー!!

と、一気にプレイしてしまいました。

これを超えるものにはまだ出会えてません。不動のNo.1

女性同士の友情を捉えた青春体験

『ライフイズストレンジ』が特別なゲームなのは、親友クロエとの青春体験が目がくらむほどに眩しいからだったりする。

この青春、ほんっと、最高なんです。


不良少女クロエは内気なマックスの手を引いて、少し危なくて楽しい世界へ導いてくれる存在。

久々の再会を果たした幼馴染の親友と絆を深めていく物語は、自分が体験したかつての青春時代を思い出すものばかりでした。

このゲームは、ほんと、反則なんだよ。


夜のプールに忍び込んだり、線路の上をふたりで歩いたり、秘密基地で秘密の射撃をしたり…。

悪巧みや秘め事に満ちた、宝物みたいな青春をゲームの中で体験できる。

クロエとの青春はしあわせ!

 
女性同士の友情は時に、恋にも似た親密な関係が芽生えることもあるが、マックスとクロエの関係はまさにそう。


手を繋ぐ、抱きしめる。といったふたりの仕草にドキッとする一方で、今にも崩れてしまいそうな不安も掻き立てられる。

この友情を手放したくない。と思わされます。

ぶっきらぼうで、危なっかしくて、強そうに見えて弱い。

孤独と脆さを抱えたクロエという親友に強烈に惹きつけられました。

恐るべき最後の選択肢

わたしはそう多くのアドベンチャーゲームをプレイしてきたわけではないけれど、『ライフイズストレンジ』の”最後の選択肢”はゲーム史に残る衝撃があると思う。

『ライフイズストレンジ』には真エンドというものが存在しない


大切なものはたったひとつしか選べない。

突きつけられる選択に苦悶するはず。

わたしは最後の選択肢を見た瞬間、愕然とした。

なんで こんなこと選ばせるんだ…

って、膝から崩れ落ちたよ…。とんでもないんだもん。

クリア後には、世界中の人が選んだパーセンテージを見ることができるが、「49% / 51%」とまさに真っ二つ。

いかに正解のない選択を迫られることになるのかがわかる。

あなたはどんな選択をする・しただろうか?

オブジェクトをはじめとするリアルな人間描写

わたしは『ライフイズストレンジ』全体から流れる空気感がとても好き。

主人公がアート系の学校に通っていることもあって、登場するキャラクターや訪れる部屋には個性がある。
キャラクターそれぞれに異なるインテリアはどれもセンスがいい


”写真”というテーマは映像表現にも活かされていて、被写体の捉え方や、ピントの合わせ方、光の使い方が独特。

絵画調のグラフィックには、フォトリアルでは表現でき得ない芸術性がある。
とても美しいです。

また、調べられるオブジェクトが多く、キャラクターたちのバックボーンを細かく知ることができる。


言葉遣いや声のトーン、思想、芸術の作風による人物の描きわけによって、ちゃんとそこに”人”が感じられます。

これは丁寧なローカライズにも拍手。

気になったところ

インタラクティブ性が低く冗長気味な終盤

とても大好きなゲームだけど、終盤は少し冗長気味に感じた。

というのも、アドベンチャーゲームならではの分岐が一気に減り、一本道のシナリオを辿ることになる。


ゲームならではのインタラクティブ性が失われ、暗めの展開と回想シーンの多用によって緊張の糸が緩む瞬間がある。

ここだけは少し残念かな。

つらい!つらい!つらい!

『ライフイズストレンジ』は素晴らしいゲームだが、人によってはこのゲームに出会ってしまったことを後悔してしまうかもしれない。

とんでもない破壊力を持っているシナリオは、素晴らしいが故にちょっと自分でも信じられないくらい泣いてしまう。笑


恥ずかしい話だけど、ほんと、ボッロボロ泣いてしまいました。

”最後の選択”に正解がないということもあって、ゲームクリア後にもずっと胸の中で葛藤が続く。

「カタルシス」と言えば聞こえはいいが、わたしにとってはそんなに良いものじゃなく、心にぽっかり穴が空いたような苦しい時間を味わいました。

しばらくは再起不能だった。笑

泣きたくない人にはおすすめしない。

まとめ

写真と時間のトリックが効いたアドベンチャーゲーム最高傑作。

「時間を巻き戻す」能力で選択肢を選びなおせる

という尋常じゃない遊びやすさによって、アドベンチャーゲーム初めての方でも手に取りやすい安心感のあるゲーム。

演出、シナリオ、キャラクター描写。
ローカライズ含めて本当に素晴らしい作品なので、ぜひ多くの人に手に取っていただいて、青春を楽しんで、そして、最後の選択肢で苦悶していただきたい。笑

唯一、エモいのが苦手な人にはオススメできないかな。

MY POINT
『ライフイズストレンジ』は、わたしにとってとても特別なゲーム。

人生最高のゲームの1つです。出会えて本当によかった!

間違いなく「ゲーム」なんだけど、ゲームとして面白かったとか、そういうものを飛び越えて、自分の中の「特別な何か」を揺さぶられるゲームでした。

眩しい青春体験がずっと宝物みたいに心の中に残っていて、ずっと大切にしたい大好きな作品。

良いところ

  • 「巻き戻し」能力によって選択肢を選び直すことができる
  • 「巻き戻し」を使ったパズル的なギミック
  • クロエとの青春体験が楽しすぎる
  • マックスとクロエの親友コンビが最高
  • 写真と時間を使ったシナリオ
  • 絵画調のグラフィックが芸術的
  • 青い髪が特徴的なクロエのキャラクターデザインが秀逸
  • 前日譚をプレイするとさらに楽しくなる
  • 素晴らしい音楽
  • 日本語フルボイスの丁寧なローカライズ
  • 一度聞いた会話のスキップ機能
  • 苦悶することになる”最後の選択”の凄み
  • 写真を意識した構図やピント調整の映像演出
  • 登場人物が多いが描き分けがうまい
  • インテリアがおしゃれ
  • どんな選択をしても結末にたどり着ける遊びやすさ
  • エモい
気になったところ

  • エモい
  • 一本道で冗長気味の終盤
  • つらい
  • つらい
  • つらい
  • クリア後の喪失感
  • ハッピーエンド好きには辛いラスト

 

コメント

  1. わにやまさんの感想など拝見して、ライフイズストレンジを再開しました。
    私はPCでプレイしているのですが、どうやら日本語化して満足して終わっていたようです。久々にセーブデータを開いたら先生の授業からでした(笑)

    私は最近和ゲーの萌え萌えしいキャラが苦手な状態なので海外のやや怖いモデリングに安堵を覚えてしまいます。
    普段は内気なマックスが、時間を戻す時だけ厨二感のある構えをするのがお気に入りです。
    現在序盤をちまちま進行しておりますが、わにやまさんが力を入れて感想を書いてしまう魅力がわかるような気がします。

    • なんと!笑
      実質、未プレイだったんですね!

      わたしも人物描写に関しては自然体が好きです^-^
      ライフイズストレンジは、見た目がちょっと怖いですが…。
      言われてみれば、たしかに厨二っぽい構えしてますねw

      いやー、つぐみさんがどんな感想をお持ちになるのか非常に気になります(◍•ᴗ•◍)

  2. 本作の話は結構してるんでどんなレビューになるかは予想付いてましたがまとめてみると読みやすいですね。
    青春回想ってだけでセンチメンタルになるのに展開も切ないから胸が痛い笑
    自分はハッピーエンドもバッドエンドも余韻を残してくれるものだったら好きなんで
    戻す側の選択でもとても気に入りました。
    終盤の展開は確かに冗長でしたね笑

    タイムスリップって昔からありふれた題材ですけど本当に見せ方が上手かった。
    オススメしてばっかであれですが時間題材系だとシュタインズゲートもオススメですね!
    まぁかなり癖強くてとっつきづらいんですけど感動必至です笑
    ノベルゲーなんで親しみ薄いかもしれないですが来春にリメイクも出ますし是非気が向いたときにでも。

    • ありがとうございます!
      わたしはハッピーエンド大好きなんですよ^-^
      それ以外が嫌いとかではないんですが、余韻を引きずりすぎて精神的につらい部分はありますね。
      ライフイズストレンジに限らず、感情移入しすぎなんだと思います((^^;)

      『シュタインズゲート』は聞いたことあります。
      リメイクされるなら、良いタイミングですし挑戦してみようかなぁ。

      いつもおすすめありがとうございます!
      うとい分野なので、教えていただけるのはとても嬉しいです^^*

  3. ライフイズストレンジは、僕も今年に入ってからクリアした一本ですね。

    時間を巻き戻すアイデアはゲーム的で画期的なアイデアなのですが、考えてみたら2007年にニコラス・ケイジ主演の映画「NEXT」でかなり近い事をやってたのを思い出しました。
    カフェで気になっている女の子の店員に話かけるのに、何度も失敗しては巻き戻して成功するまでトライしたりw
    基本はSFなんですが、こちらもおもしろいので未見でしたら是非。

    ライフイズストレンジのようなアドヴェンチャーゲームだと、僕のイチオシはPS4でも出ている「BEYOND TWO SOULS」ですね。これは、エレン・ペイジ演じる超能力少女とウィリアム・デフォーが演じた科学者の話で、ロードムーヴィーのような作りが自分的にツボでした。

    • 「BEYOND TWO SOULS」!!
      実は、気になっていたタイトルなんですよ^^*
      たしか、PS4はダウンロード版しかなくって、躊躇していたんですよね。
      LOBOさんのイチオシなんでプレイしてみたいなぁ♪

      ニコラス・ケイジのそんな映画があったんですね。
      カフェのくだり面白そう。笑