今週のゲーム&映画 情報まとめ|ゲーム進捗報告も


ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

今週のゲーム&映画ニュースから、来週の発売・公開情報。
ゲームのプレイ進捗など盛りだくさんでお届けします。

スポンサーリンク
レクタングル広告大

ノーティドッグとゲリラゲームズの対談がズバズバ刺さる!


『アンチャーテッド』シリーズのノーティドッグと『ホライゾンゼロドーン』のゲリラゲームズ開発者の対談映像が公開になっています。

対談は、ノーティドッグ側がゲリラゲームズに話を聞くようなスタイルなんですが、心にズバズバ刺さりました。

「アーロイのキャラクター」について、

性的対象にされない強い女性キャラクター
強いだけの女性にもしたくなかった

と語られています。

女性主人公ファンとしては、こういう視点を持って製作してくれるのはすごくうれしいなぁ。

「感情移入」について語られた際には、

僕が冷めちゃうのは自分との違いよりも
性格上の一貫性の無さや 物語展開のための不自然な言動だな

これは高速で首を縦に振ってしまう方多いんじゃないでしょうか。

わたしは主人公に一貫性があっても、対人戦に快楽を感じている or うじうじされると、感情移入できないこともありますけどね。

アーロイの顔のモデルになった俳優の話や、「作る側」ならでは秘話が聞けて面白い対談でした!

『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』のバトル紹介映像が公開


『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』のバトル紹介映像が公開になっています。

どんなゲームなんやろ?

と疑問だった方は、これを見ればバッチリですね。

わたしもラビッツ全然知らなかったんで、まずターン性のシミュレーションだったことにびっくり!

以前までだったら、この時点で購入予定から外れるんですが、今年は『ファイアーエムブレム 覚醒』で魅力に触れているので興味あるなぁ。

まだまだSLGは未知なので、

マリオなら 楽しませてくれるでしょ!

という安心感ね!

初心者に優しい難易度設定をしてくれてるだろうし、安心して飛び込めるんじゃあなかろうか!

発売日に購入するかはわかりませんが、プレイしてみたいですね。

『L.A.ノワール』の機種別の特徴が公開


『L.A.ノワール』の機種別の特徴が公開になっています。

  • タッチ操作
  • HD振動新
  • 新コスチューム

のニンテンドースイッチ版と、

  • 映像クオリティアップ

のPS4/Xboxone版という感じですね。

あ、いきなりこのタイトル紹介してますけど、気になってるんですよ。

これ…、迷うなぁ!

機能を考えるとニンテンドースイッチだけど、リアル路線のゲームなら映像のクオリティアップも恩恵大きいんですよねぇ。

画像の移動や映像の融通が利くのはPS4だし…。

機種によってしっかり特徴変えてくれると、迷いがいがあります。

PS4『Crossing Souls』の配信日が2018年2月13日に決定


PS4『Crossing Souls』の配信日が2018年2月13日に決定しています。

カラフルな色彩の2Dアクションアドベンチャーで、DSで発売されていた『放課後少年』が日本のノスタルジーなら、『Crossing Souls』は海外のノスタルジー作品でしょうか。

郷愁に浸れる世界観は好きなので、気になるなぁ。

インクを使った2Dアクション『スプラッシャー』Nスイッチ版が12月7日に登場


ダウンロード専用ソフト『スプラッシャー』のNスイッチ版が12月7日に登場です。

PS4版はすでに配信されています。

なんだこれ!

わたしは今回初めて知ったタイトルなんですが、『スプラトゥーン』から着想を得てます…よね?!

映像見てみたら、インクで壁登ったりしてて結構おもしろそう。

こういう縦横無尽なアクション好きなんで、スプラトゥーンの操作感で3Dアクションとか出たらめっちゃ楽しそうだなぁ!

Sじゃなくても気にしない!スプラトゥーン2ではAランク以下が8割


『スプラトゥーン2』のガチマッチでAランク以下が8割であることが公表されています。

いやー、ネットを見てるとね、「 S 」や「S+」ばっかりで自分がすごく下手なんじゃないかと思っちゃうんだけど、こういう数字が出るとほっとしますね。

Aランク帯で劣等感を抱えている人たちに知ってほしいなぁ。

わたしはウデマエ気にしないんですが、小学6年生の甥っ子はもう「S+」なんですよ~。

知らぬ間に成長しております。

【映画】ジブリ宮崎駿監督 新作は冒険活劇に!


ジブリの宮崎駿監督が引退を撤回し、発表した新作『君たちはどう生きるか』は、冒険活劇ファンタジーになっているということです。

待ってましたぁ!

写実ジブリも支持があって良いと思うんだけど、わたしがジブリに求めているのはファンタジー作品だったので、これはうれしいですね!

「冒険活劇ファンタジー」というこの文句だけで、楽しみが超倍になる~!

【映画】コナンVS公安!『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』情報が公開


劇場版「名探偵コナン」第22作目の情報が公開になりました。

タイトルは『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』。

ある事件をきっかけにコナンと公安が激突するという内容のようですね。

ティザービジュアルに、探偵団がデカデカと描かれているのうれしいなぁ。

わたしは探偵団が活躍する作品好きなので、これは期待!

もちろん、公安の安室さんや、組織のNO.2かもしれない警視庁管理官も気になるところです。

【映画】タイタニックの結末を監督が語る


『タイタニック』の結末について、ジェームズ・キャメロンがインタビューに答えています。

わたしは結末について疑問を持ったことはないんですが、20年以上もずっとこんな議論が続いているということ自体すごいなー。

「芸術的な理由」については納得だし、わたしもあの結末は美しいと思います。

まぁ、物議をかもしているとすれば、ローズの乗ったドアが大きすぎたんでしょうね。

スペースがあるから「ジャックも乗れたんじゃない?」と思う人がいたんでしょう。

『リベンジgirl』予告編が公開


来週の発売・公開情報

わにやまさんのゲーム日記

オーディンスフィア レイヴスラシル

先週に引き続きサクサクサクーッ!と爽快なアクションを楽しんでいます。

どうやらこのゲームは、何人かの主人公で周回していくようなデザインのようですね。


キャラクターごとにアクションが違うのでストレスはないんですが、同じステージやボスが出てくるのが好みが分かれそうな感じ!

主人公が何人いるのかわからないけど、ずいぶん進んできたんじゃないかな。

ゼノブレイド2

まだほんの序盤ですが、『ゼノブレイド2』をはじめました。

わたしはWii『ゼノブレイド』で難易度が高いなと感じていたので、あわよくばイージーモードとかないかなぁ?とか思ったけどないですね!

しっかりシステム理解して進めます!

どうぶつの森 ポケットキャンプ

なんだかんだ、ガチャガチャしていないのが気に入ってプレイしています。

車をキャンピングカーにアップグレードできるみたいなんだけど、このワゴンの見た目が好きすぎて変えられないんだよなぁ。

どうぶつが増えてきて癒し効果バツグンなので、のんびり楽しもうと思います。


「わにやまさん」検索問題

最近悩んでいることがあります。

それは「わにやまさん検索問題」。

そもそも「わにやまさん」という名前の由来ってわかりますでしょうか?

『クレヨンしんちゃん』で、主人公のしんのすけがよく食べている「チョコビ」

この「チョコビ」のパッケージに描かれているピンク色のワニが「ワニヤマさん」なんです。

語感が気に入って、ブログ開設前からゲームのキャラクターネームとして使っていたんですが、ブログの名前にも「わにやまさん」って入れているので…、

なんと…、

「わにやまさん」で検索かけると、ピンクのワニよりもうちのブログが出てきてしまうんです!

これは困った…。

だって、本来の「ワニヤマさん」で検索かけた人にとっては、ゲームブログなんて知ったこっちゃないもんねぇ。

うーん。

ブログ名変えるかなぁ。

スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

シェアする

コメント

  1. つぐみ より:

    ホライゾン楽しそうですが、ボリュームありそうすぎて後回しにしようと思っとります。
    アーロイの描き方はこのみそうです。
    LaノワールはPCだとVR対応らしいので、そろそろVR欲しいと考えてるので気になります。

    ブログ名って難しいですよね、オンリーワンでいて、被らずにキャッチーなのって

    • わにやまさん より:

      そうですねー、50時間は越えますね((^^;)
      アーロイは、初めて見たときは野暮ったさを感じましたが、プレイしていると愛着のもてるキャラクターでした。
      VRはまだ持て余しそうで手が出ないなぁ。

      ブログ名はむずかしいですね。
      SEOにひっかかりそうなのにしちゃうのもありかと考えてるんですよ。

  2. タロン より:

    LAノワールですかー
    僕は途中で止めちゃいましたねぇ
    当時、オープンワールドのサスペンスアドベンチャーということで期待していたんですが、
    オープンワールドとアドベンチャーの組み合わせが成功してるとは言えず、
    お使いゲームのようになってたんですよね

    取り扱う事件も派手さよりも地味な展開が多く、ストーリーに連続性が無いのも合わなかったんで
    (マイナス意見ばかりですいません)

    良いところは当時としては最高クラスのグラフィックで、町並みを観光できたり人物グラフィックに気合いを入れてましたね

    特に相手の表情を見て推理するといったシステムは徹底的にこだわって作られていますから感心しました

    オーディンスフィアは確かに同じボスが連続するので単調に感じるかもしれませんねぇ
    キャラ変更やストーリーで中和されてる印象ですが、朧村正も同様の問題を抱えていたので痛いところですね

    ブログ名の変更ですか
    もとネタがあるとはいえ、どんな名前にも付きまとうような話かと

    むしろゲームブログとして認知してもらえれば本家と差別化できて良いのではと想いましたw

    前向きな発想で変更するのであれば、良いと思うのですが、あまりネタ元に忖度するほど問題ではないと部外者がのたまっております

    • わにやまさん より:

      うーん。
      そうなんですねぇ。
      刑事物で地味なのはヤダなぁ笑
      とりあえず今週は『ゼノブレイド2』に夢中だと思うんで、発売日購入はしないつもりです。
      年始も新作ラッシュなので、いつ手を出せるかわかりませんが、頭の片隅に置いておきますよ^^*
      ありがとうございます♪

      >オーディンスフィア
      朧村正もこんな感じだったんですね。
      後半になるほど、新しい刺激が減っていくのはやっぱり残念だなぁ。
      アクション周りはとても気に入っているだけに(>_< ) >ブログ名
      なるほど、そういう考え方もアリですね!

      コロコロ名前変えても信頼落ちちゃうんで、「これなら変えてもいいだろう!」っていう案が浮かぶまではこのまま行こうと思ってます^-^
      案が浮かばなければこのままなんで、わたしの頭次第ですね!笑