12/13 00:00-1件のコメントに返信しました。

【レビュー】アンドロイド設定が活きる独特な世界観のオープンワールドARPG|ニーアオートマタ

レビュー・評価

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

今回は、PS4『ニーアオートマタ』の感想・評価です。

人類が住めなくなった地球で「アンドロイド」たちが「機械」と戦うオープンワールドアクションRPG。

このゲームの記事

 

スポンサーリンク

NieR:Automata(ニーアオートマタ)

プレイ時間 31時間
ジャンル オープンワールドアクションRPG
難易度調整 あり
グロ表現 ムービーシーンでの出血が多い

 

良いところ

荒廃した都市でのサブクエ遊びが楽しいオープンワールド

『ニーアオートマタ』は、荒廃した都市を舞台にしたオープンワールドです。

わたしたちが日常目にしているビル群が崩壊し、植物に侵食されている姿がとても魅力的ですね。

オープンワールドですが、言葉から想像するほど広大さはなく、密度も薄めになっています。

でもね、本作の場合はこれでいいんです。

後述しますが、「3部作」という性質上同じ場所で繰り返し遊ぶので、この大きさがちょうどいいんですね。

ダンジョンでは一部2Dアクションやメカに搭乗してのシューティング、操作キャラクターが変化するなど、いろんな要素を楽しむことができます。

戦闘機で展開される戦闘は、地上戦とは異なるスケールで描かれるため新鮮味がありました。

アンドロイド設定を活かしたゲームプレイ

「アンドロイド」という設定を活かしたゲームプレイが新鮮でした。

まず、人間離れした移動速度!

オープンワールドって移動が大変なんですが、機械的な走行フォームで盲ダッシュしてくれるのでとても快適。

「駆ける・飛ぶ」がめっちゃ楽しい!

 

他にも、

  • 「視覚センサー」がダウンすると視界がドットに
  • 「回避行動」ダウンで回避&ダッシュができない
  • 照準がきかなくなる
  • コマンド入力を受け付けなくなる

など、「アンドロイド」と「ゲーム」という性質がハマったゲームプレイが盛り込まれています。

敵をハッキングするときには、「スペースインベーダー」のような世界になったりと、独創的な演出で変化を楽しませてくれます。

周回風の構成が面白い3部作

『ニーアオートマタ』は周回することでやっと完結すると聞いていましたが、プレイしてみて思ったのは「周回」ではなく「3部作」であるということ。


「周回」と聞くと「同じことを繰り替えす」というイメージがありますよね。

でも実際には違うんです。

  1. 物語前半を女性主人公でプレイ
  2. 物語前半を男性主人公でプレイ
  3. 物語後半を女性主人公、男性主人公交互にプレイ

2周目だけは重複部分が多いので「周回感」がありますが、そのほかは新規の物語が紡がれます。

3周が前提なので、1周にかかるプレイ時間は10時間程度とコンパクト。

初めてクリアしたときは、

え!10時間でクリアなの?!早ッ!

と思いましたが、3部作だと知っていれば納得です。

26ものマルチエンディング

『ニーアオートマタ』には26ものマルチエンディングが用意されています。


とはいっても普通にプレイしていれば「真エンド」にたどり着けるので、展開を気にしてプレイする必要はありません。

ゲーム進行の途中で、バッドエンド分岐があるという感じかな。

クリア後に見方が180度変わるストーリー

メインストーリーは、地球を奪われた人類が「アンドロイド」を使って地球を奪還するというもの。


しかし、驚きの展開が待っているわけですね。

特にラスト10分で明かされる真実は、これまでのストーリーがひっくり返るような驚きのあるもので、

え!じゃあ あれもこれも…
そういうことだったのーッ!?

と、再びいちからプレイしたくなる衝撃でした。

実際には3周しかしてないんですけど、それくらい物語の見方が180度変わっちゃいます!

ストーリーを補完するサブクエスト

オープンワールドに点在するサブクエストは、お使いだったり、護衛だったり様々です。

どのクエストも『ニーアオートマタ』独自の世界観を補完するもので、ストーリーが気になるものが多いんですよね。

クエストの導入部がうまいのも特徴かなと思いました。

例えば、

〇〇の素材が〇コ足りないの
調達してきてくれる?

と言われるよりも、

仲間との通信が途絶えて心配だから見てきてほしい
もし亡くなっていたら遺品を回収してきてくれ

って言われた方が、俄然、

クエストやってあげなきゃ!

って気持ちになりませんか?

戦下ならではの苦いクエスト動機だったり、ストーリーがしっかり描かれているので、サブクエは積極的に遊んでしまいます。

サブクエ達成で経験値が入るのと、クエスト発生はマップから場所を確認できるのがうれしいです。

気になったところ

とっつきが悪い独特の世界観

ゴシック調のキャラクターに、目隠し、人間離れした顔の小ささなど、まずキャラクターを見ただけで独特な世界観であるということがわかると思います。

狂った人物描写や、ムービーシーンでの出血表現。

ストーリーの端々で、「やられたらやり返す」復習劇が展開されるので、

短絡的すぎないかい?

と、冷めた目で見ることもありますね。

再現難易度が高いスタイリッシュ戦闘

『ニーアオートマタ』の一番のネックは戦闘だと思っています。

戦闘は、弾幕シューティングと近接攻撃を併用したスタイリッシュな戦闘なのですが…。

イージーモードに搭載されている「オート戦闘」にすると、回避も照準も完璧なのでめちゃくちゃ格好良いスタイリッシュな戦闘を「見る」ことができます。(回避がすごすぎてほぼ無敵)

ただ…、コントローラーを握っていなくても勝手に戦闘してくれるので、これでは楽しくありませんね。


かといって、自分でプレイしようとすると、ジャスト回避のための「回避ボタン」連打、近距離攻撃のリスクが上がるためシューティング一辺倒になってしまいます。

大量の回復薬でリカバリーしながら、耐久力のあるボスとの冗長なシューティングは、

もうオート戦闘でいいか…

と諦めちゃいました。

戦闘が楽しめないというのは致命的なので、近距離攻撃を織り交ぜたスタイリッシュな戦闘を再現しやすくしてほしかったですね。

「オート戦闘」は、プレイヤーよりも少しおバカなくらいがちょうど良いんじゃないかな。

メイン主人公の描写に納得感が薄い

メインのストーリーは驚きのある展開で楽しめたのですが、一番重要である主人公たちの描写が物足りなく感じました。

気になったのは導入部。

プロローグでいきなり感動的なシーンがあるのですが、知識も思い入れもまったくない状態のプレイヤーは置いてきぼりをくらいます。


その後のストーリーも、相棒となる異性アンドロイドとの絆が描かれるのですが、そもそも、

なぜ2人が強い絆で結ばれたのか?

という描写が足りません。

最後までプレイすると納得できるんですが、プレイ中はずっと疑問を抱えたままでしたね。

あと一歩のワープ機能とマップデザイン

移動速度が速くて快適ではあるのですが、ワープ機能やマップデザインがいま一歩かなという印象です。


ワープ機能は、

× 現在地 → ワープポイント

ではなく、

〇 ワープポイント → ワープポイント

になっています。

この場合、ワープポイントが多数点在していてほしいところですが、ワープポイントはあまり多くないんですよ。

なので、ワープポイントへ移動する距離自体が長くなってしまい、移動は面倒な印象です。(サブクエであちこちへ行くと特に)

また、マップデザインですが、せっかくのオープンワールドなのに、袋小路や回り道が必要なデザインになっています。

壁一つ挟んでいるだけの場所にぐるっと大回りしないと行けないというのは地味にストレスですね。

まとめ

キャラクターデザインや狂気的な表現が独特で、かつ戦闘を楽しむためのハードルが高い、人を選ぶゲームです。

オープンワールドでのサブクエ遊びや、アンドロイドという設定を活かした演出など。

面白い部分もたくさんあり、独特な世界観を含め新鮮味のあるゲーム体験ができます。

MY POINT
意外!っていうのも失礼なんですが、普段は馴染みのない世界観だったのでストーリーやオープンワールドが楽しかった!

ただ、戦闘だけがどうにもダメで、スタイリッシュな戦闘を自分でプレイできたらどんなに楽しかったろうと悔やまれるところです。

良いところ
  • 荒廃した都市のオープンワールド
  • ストーリーが気になるサブクエスト
  • 巨大ボスとの迫力ある戦闘
  • 周回風の構成が面白い3部作
  • アンドロイドとゲームプレイがマッチした演出
  • ラスト10分で驚きのストーリー展開
  • 移動速度がはやい
  • 26ものマルチエンディング
気になったところ
  • 自分では再現が難しいスタイリッシュな戦闘
  • かといって簡単すぎる「オート戦闘」
  • ゴシック、軍モノ、メカ…独特の世界観
  • 主人公たちの絆の描写不足
  • ワープポイントが少ない
  • 袋小路や回り道の多いマップデザイン
  • あんまり広くないオープンワールド
  • 狂気的な人物描写
  • ショッキングな出血表現

コメント

  1. ストーリー命の作品なんでネタバレに怯えながら拝見しましたw

    アクション面はプラチナゲームズらしい味付けみたいですねー
    めっちゃ僕好みな感じですわーw

    やはりラストのどんでん返しとかは気になるし、これはやっておかないといけないゲームだと確信しました!

    ただ、年末年始のゲームスケジュールが埋まってて入る隙間がなさすぎるw

    なかなか値段が下がらないのもネックですし、タイミングを見失うんですよねー

    • ネタバレはしてない…はずです!w

      そういえばわたしはプラチナゲームズのタイトル初でしたね。
      それがむしろタロンさんのツボだとは…!
      いろんな好みがあって面白いなぁ。

      一度タイミングを失うとなかなか火がつかないのはあるあるですね((^^;)

  2. 肝心のアクションが作業的でしたよね。もうちょっと操作に爽快感と達成感が欲しかったと思います。
    ジャスト回避と誘導ミサイル強すぎですしコンボの自由度も少ないし。

    ストーリー作りはとても良いので、レプリカントやゲシュタルトもこの機会にやってみたいかな?と思います。(PS2買いなおさなければですが)

    • 戦闘はスタイリッシュで面白そうに見えるんですけどねー(>_<) あんまり詳しくないのですが、過去作品もあるんですね。 わたしは現在PS3すら稼働してないので、PS2まで戻るのは大変だなぁ。 買い直さないとダメなら尚更ですね((^^;) リメイクとかしてくれたら挑戦してみたい!

  3. 僕もこれはクリアしました。
    でも、ゲーム部分の大雑把さがゆえ途中でダレてきて、同じようにイージーに変えました。終盤になると中ボスがただ硬いだけなんですよね。
    ハッキングシーンは評判悪いですが、僕はSTGビッチというか、STGだったらなんでも好きなので楽しめましたね。

    このクリエイターの作品は、「ドラッグオンドラグーン」、「ドラッグオンドラグーン3」、「ニーア・ゲシュタルト」とやりましたが、表面的な垢抜け感は今回はよかったと思います。やはり2Bの見た目で売れたところがあったんでしょうね。2Bの服の生地のスエード感とブーツのレザー感には感心しましたw

    個人的にはストーリーの落とし所が弱く感じてしまいました。
    一応、終始惹きつけられる展開だったとは思うのですが、SFなのにどこか壮大さに欠けるところとかが気になってしまって。
    「物語のあそこがこうだったら最高だったのに!」という要望が強くあったのですが、ここを見ている人にネタバレになってしまうので、あと3年位経ったらここに書きますw

    • 実は、LOBOさんのブログでニーアオートマタの記事を拝見していました。
      わたしはSFに強くないので、とても興味深くて面白かったです!
      そんなLOBOさんの「たられば」ストーリー気になるなぁ(๑°⌓°๑)

      2Bの素材感はそこまで見てませんでしたねー!w
      そもそも、なんで戦闘型なのにパンツスタイルじゃないんやろ?とは思っていました。
      武器が仕込まれているとか、性能的な裏付けがあれば納得していたんですが。

  4. おっと!僕のブログのレビュー見てたんですねw
    あれは、ちょっとキツい言い方になってしまったので、少し反省してます^^;

    2Bがパンツスタイルだったら、売上が10万本位下がったんじゃないですかねw
    僕はどっちも同等に愛せそうですが(…と、間違った器の広さを見せてみるw)

    • え、そうですか?
      説得力のある記事で面白かったですよ!
      わたしはニーアオートマタのストーリーに驚いて結末に納得もしてますが、神格化してるわけじゃないので、異なる意見が聞けるのも楽しいです(◍•ᴗ•◍)

      やっぱり2Bのパンツスタイルは却下ですか~w
      残念!