11/12 09:00-1件のコメントに返信しました。

不快な漫画広告を非表示にする方法と自サイトから広告をブロックする方法を紹介

日常の話

わにやまさん(@waniwani75)です。

ネットを閲覧している時、よく漫画の広告を目にします。
でもあれ…、超絶不快じゃありません?

今回は、そんな不快な広告を非表示にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

不快すぎる漫画広告

全部とは言いませんが、ひどい漫画広告多すぎませんか?

エロい・グロイ・キモイ。

怖いものや児童虐待系など、ひどいもんですよ。

わたしは、そういった作品自体が悪いとは思いません。

表現の選択肢が多いのは良いこと ですし、刺激の強い作品を求めている人に適正に届けば良いと思っています。

しかし考えてほしいのは「広告」という 誰もが目にする可能性のある場所 だということ。

なんで、普通に調べものしているだけで、性暴力や児童虐待のシーンを見せられて不快な気持ちになんなきゃいけないんでしょう…。

いかにして人を不幸にするか?

わたしが嫌いな漫画広告には共通点があります。
それは、人を不幸にすることに注力したもの

いかにインパクトのある方法で人を不幸にするか?

という負の方向に頑張っちゃっているものが目立ちます。

作品の中では救いもたくさんあっても面白いのだと思いますが、気分を害するワンシーンだけを見せられたら、漫画に対するイメージが悪くなりますよ。

漫画広告をオフにする方法

前置きが長くなりましたが、そんな 不快な漫画広告を非表示にする方法 を紹介します。

当ブログでは、不快な漫画広告をオフにしていますので、安心してご覧になっていただけるかと思います。(もし表示されていたらご一報ください)

ここからは漫画広告を非表示にする方法を、「ユーザー側」と「運営者側」に分けて記載していきます。

【ユーザー側】広告を非表示にして「不快」を伝える

ユーザー側が不快な広告を見なくて済む一番簡単な方法は、そのページから立ち去ることですが、どうしても調べものをしたいときってありますよね。

そんな時に試してみてほしいのは、広告を非表示にして「不快だ」というメッセージを発信することです。

広告は、右上に「×」マークがついていると思います。

この「×」を押します。
すると、広告を「×」にした理由を聞かれます。

広告を表示させたくない理由に一番近いものを選択すればOKです。

これで広告は非表示になり、快適にウェブ閲覧をすることができます。

不快だと感じる人が多ければ、広告主側が是正してくれるかもしれませんから、フィードバックに期待してアクションを起こしてみてください。

【運営側】グーグルアドセンス広告からブロックする

次は運営側のやり方です。
まんが王国の広告がヒドイ!と苦情が来たのでGoogleアドセンスから「ブロック」します。【追記アリ】」を参考にさせていただきました。

方法は簡単です。

グーグルアドセンスにアクセス

ページサイドに表示されている「広告の許可とブロック」を選択

「広告主のURL」タブにサイトを登録

これで完了です。

登録するサイトは、

まんが王国:comic.k-manga.jp
Renta!:renta.papy.co.jp
めちゃコミック:sp.comics.mecha.cc

現状、この3つで良いみたいですね。

ふぅ~、安心、安心。

まとめ

もっと良質な漫画は山ほどあるだろうになんであんなチョイスするんでしょうね。

インパクトと気を引く効果はあっても、それ以上に失っているものがあることに早く気付いてほしいです。

ちなみに、表示される広告が不快というだけで 提供されているサービスは真っ当なもの です。

往年の名作から、実写映画化されるような少女漫画や青年漫画が提供されています。

ユーザー側はフィードバックに期待して「不快」の意思を伝える
運営側は、自分のサイト・ブログに出してほしい広告とは何かをよく考える。

これくらいなら、面倒くさがりの私でもできます。

コメント

  1. 結局、アドブロック入れました。
    嫁も「児童虐待マンガの広告、ホント嫌」というので、嫁のパソコンもブラウザをクロームにしてアドブロックしました。
    ママ友のLineで嫁がこのやり方を皆に教えたら、とても喜ばれたそうです。

    だって、子供の誕生日のプレゼントを検索したら児童虐待広告が増えるなんて、いやですものねぇ。

    • ありがとうございます!
      誰でも見れてしまう広告にはもう少し気を使ってほしいですよね。
      ブロックするユーザーが増えて是正されることを願います。

  2. ありがとうございます、スマホ初心者の私ですが、わかりやすく大変よかったです本当にありがとうございます。

    • 参考にしていただけましたら幸いです。
      スマホは便利ですが、振り回されないように付き合っていきたいですね。

  3. 私も思います。小さな子供がいます。時々私の携帯を触るので、あの漫画王国とかめちゃコミックとかのエロイのとかグロいのとか残酷なやつを見られたくないし、私も不快でたまりません。他の人たちもこういうの出てるのかと思うと嫌な気持ちになります。いかがわしいサイトとかでもないのに何で普通に知恵袋とか他の普通ーの健全なサイト見ただけなのにああいうおかしな漫画を出すんですかね。漫画だけじゃなくて普通のサイト見ただけでエロ動画みたいなのも出てくるとこもある。本当馬鹿じゃないのかと思う。本当に不快。同じ気持ちの人がいて安心しました。
    健全な育成のためにもああいうの本当にやめてほしいです。

    • 表現の選択肢が多いこと自体は悪いことではないので、そういうものを見たい人には作品が届けば良いと思いますが、誰でも見れてしまう「広告」だということを考えてほしいですね。
      一時期はどのサイト見ても不快な漫画広告だらけでしたが、非表示にしてからは随分似たような広告は見なくなりました。
      少しでもお役に立てれば光栄です。

  4. 広告スペースを貸し出しているのがGoogle等大手だと言うのに、残虐であったり見ていて不快に感じる様な物が普通に表示されるのは、審査をまともにしていないのではないかとすら思えます
    管理者様の仰る通り、それらの作品もニーズがあって流通している物ですし悪いとは言いません
    しかし、年齢性別問わず多くの人の目に触れる物であると言う認識を広告を委託する側も審査表示する側も持って欲しい物です

    • それは本当に思います。
      Googleは、エロにもグロにも厳しいのに広告表示がおかしいんですよね。
      広告出している側も「不快」というマイナスイメージを布教していることに気付いてほしいです。

  5. 右上の×ボタンがない広告の場合はどうすればいいのですか??設定でやっても出来ません!どうすればいいでしょうか?

    • そうですよね!
      分かります。
      閉じるボタンが無くフィードバックを送れない広告は、Google以外の広告らしいです。

      そういう広告にかぎって、何故かアダルト漫画広告ばかりなんですよね。
      (そんな漫画を読んだ覚えはありませんし不快なだけです。)

      記事の内容は良かったのに、結局最後まで不快なため読めませんでした。

      サイト運営者側へ要望をお送りした事がありますが、全く返答はありませんでした。
      そうなると、そのサイトでは見ないという方法しかなくなりますよね。

  6. 参考になります!
    あと、記事の下にめちゃコミの広告が表示されています・

  7. 広告には拒否する方法をしっかり用意してもらいたいですね。
    コミック以外でも口臭だのシミだの肥満だのを過激・不快な表現で不安を煽る広告が目立ちますが、×ボタンが無いものも多くどうしようもないです。
    私は広告を全部シャットアウトしたいんじゃなくて不愉快な広告を排除したいだけなんです。サイト運営での広告の必要性は理解していますし。ただ絶対にクリックしないような不愉快な広告を表示し続けるのは、広告配信会社も無意味な広告で機会損失をする事になります。
    最悪広告ブロッカーという事になりますし。

  8. そうですよね!
    ×ボタンが無い広告も多数ありますね。

    広告自体はいいんです。
    (以前購入した物や興味がある広告はクリックする事がありますしね。)

    ただ×ボタンがない、エログロ漫画広告は興味がありませんしキツイです!

    多数デカデカと貼り付けられているサイトがありますが、かなり不快で真面目な記事でも最後まで読む気が失せますね。