7/5 14:00-コメントに返信しました。
おすすめ記事

クアリー ~悪夢のサマーキャンプ【レビュー・評価】震えあがる恐怖体験!キャンプを楽しむ若者たちのグロテスクホラーADV

レビュー・評価

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

『Until Dawn -惨劇の山荘-』開発チームの新作として、2022年6月10日発売のPS5/PS4『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』の序盤感想をお届けします。

わたしがホラーあまり得意じゃないので途中で挫折しないか心配でしたが、いや〜怖い怖い!けど楽しい!

一方で、アドベンチャーゲームとしてみると、気になる部分や人を選ぶ部分もあったので、魅力や注意点を紹介していたいと思います。

どんなゲーム?
  • 夏の最後にキャンプを楽しむ若者たちが体験する恐怖の一夜
  • QTEと選択肢で物語が進行するアドベンチャーゲーム
  • 豪華な俳優陣と美麗グラフィックで映画のようなホラー体験
このゲームの記事

 

ショート動画でチェック!

スポンサーリンク

クアリー ~悪夢のサマーキャンプ

プレイ時間 30時間(1周10時間程度)
ジャンル ホラーアドベンチャー
難易度 初心者から楽しめる
エイム力は多少必要
アクセシビリティは充実
表現 血飛沫や人体切断シーンが多くかなりグロい

 

クアリー ~悪夢のサマーキャンプ:短評

『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』は、恐怖の一夜を過ごすことになったティーンたちのホラーアドベンチャーです。

本作は、血飛沫や人体切断モッリモリでハラハラドキドキできる、手加減なしのグロテスクホラー!!

ぐっちょんぐっちょんだよ!



夏の終わりにキャンプを楽しむ若者たちですが、日が暮れると和やかな雰囲気は一変し、恐怖の一夜が幕を開けます

ストーリーは、QTEと選択肢で進行していき、すぐに生死に直結するものから「あー!あの時の選択がここで!」というような時限式選択肢までさまざま。

ホラーADVとしては申し分ない出来で、そこに過激なグロテスク描写が恐怖に拍車をかけることで、震えあがる極上ホラーに!

泣きそうなくらい怖かった……!
選択肢は生死を分けるだけでなく、人間関係にも変化を及ぼす
 
キャラクターの性格などを設定して全編を再生することができる「ムービーモード」が画期的!

誰が死に、誰が生き残るのか……、すべてがプレイヤー次第で「選択していく楽しさ」を感じられる良作パニックホラーADV!

とびきり刺激的なホラー体験がしたい方は、ぜひやってみて!

映像、特に人物のグラフィックが素晴らしい!


『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』を初めてプレイしたとき、グラフィックのすごさに驚きました!

いや!もうこれ実写レベルだよ!

特に、人物描写が素晴らしいです!

一見高精細でも、口をパクパクさせるだけで表情に乏しいゲームって結構あるのですが、そこはさすがのアドベンチャーゲーム!

眉間にシワを寄せたり、口を窄ませて拗ねるような仕草、驚いた表情、顔をくしゃくしゃにして笑ったりと、実に表情豊かで ゲームだということを忘れてしまうくらい!

登場人物は有名俳優を起用しており、本当に映画みたい!
 
QTEの自動化や選択肢の制限時間の延長、音楽を配信用のフリー楽曲に変更などアクセシビリティが充実

 

暗転なしの超グロテスクホラー


筆者がホラー苦手なビビりなので、あんまりアテにはならないかもしれませんが……、めっっっちゃくちゃ怖かったです!

一夜の恐怖を描いているので、暗く見えない恐怖が常に付き纏い、一瞬だけ映る“なにか”の影や、効果音の使い方、そして容赦ない惨殺シーンなど、夜中に一人でやるのは全力でおすすめしない!!(いや、する!)

映画とは違ってゲームは操作が必要なので、グロテスクなシーンから目を逸らすことができないし、キャラクターの命が自分の選択にかかっているかと思うと 緊張感は段違い!

自分の選択で簡単にキャラクターが死ぬので、選択するたびにドキドキする!


前作となる『Until Dawn -惨劇の山荘-』では、グロテスクなシーンが暗転ばかりで不評だったようですが、『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』では、暗転どこいったーッ!?と叫びたくなるほど、グロテスクなシーンがバッチリ描写されています。

例えば、人体を切断するシーンや、顔面が吹き飛ぶシーン、叫びながら絶命していく様子を 全部見せ!

(もしかしたらカットされている部分もあるのかもですが、プレイした限りは気付きませんでした)

暗転を心配している方には、自信を持って「大丈夫!グロテスクですよ!」とお伝えできるかと思います。

キャラクターに血がついていない画像を選別する方が難しいくらい常に血まみれだった
キャラクターを操作して探索するパートも。探索では物語に関わる手がかりやヒントを収集することができる
 
選択肢は会話の受け答えから、発見したアイテムを「持っていくor持っていかない」など様々。制限時間のある選択肢も

 

注意!怖さの種類はサバイバルホラー


ひとつ、ホラーのタイプについて好みが分かれそうな要素があるので注意点です。

軽微なネタバレを含みますので、OKな方のみどうぞ!

 

186種のエンディングだが数ほどストーリーの幅はない


本作は、なんと186種ものエンディングが用意されており、発売前から大きな話題となっていました。

しかし、実際にプレイしてみると、エンディングの数から想像するようなストーリーの広がりはなかったですね。

例えば、「どちらに進むか?」という分岐があったとしても、ルートが異なるだけで向かう先は一緒だったり、生死を分けるポイント以外ではQTEに失敗してもストーリーに影響を与えなかったりと、結局はひとつのストーリーに収束 していきます。

186種のエンディングというのは、誰と誰が死んで、誰と誰が生き残ったという 組み合わせの数 であって、186種の未知なるストーリー体験ができるわけではありません。

『デトロイトビカムヒューマン』のように、無数にストーリーが分岐していくアドベンチャーを想像していると「あれ?違うな」ってなるので注意です!

周回が大変


『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』は、周回が大変なタイプのアドベンチャーゲームです。

作中の8割がムービーで構成されていて、文字送りができないにも関わらずスキップ機能はなし。

クリア後に「チャプター選択」ができるようになりますが、1つのチャプターだけをやり直すということはできなくて、例えば、チャプター4をやり直すとそれ以降のデータが消えてしまうので4.5.6.7…と以降すべてのチャプターをやり直さなければいけません。

先に書いたように、ストーリーに大きな変化がないので、周回プレイをする際は新鮮味が薄く作業的。


1回だけプレイする分には非常に面白いのですが、2周目以降の面白さは平均以下かな。

おそらく多くの人は、1周目は自分の好きなように攻略して、2周目は全員生存を目指す。といった感じでプレイすることになると思います。

ムービーモードで「全員生存」「全員死亡」をみることができるので活用するのも手。(1周6時間程度のボリューム)

 

エピローグがほしい


本作は、ホラーがメインのゲームですが、キャンプ中に変化するティーンたちの人間模様も大きな楽しみのひとつでした!

選択肢によってキャラクター同士の距離が近づいたり険悪になったりと 青春群像劇としても魅力的 なんですよ!

しかし、残念なことにエピローグがないんです。


一応、「○○が死んだ」「○○は生き残った」などの状況説明は入るのですが、じゃあ、生き残った彼らがどうなったのか?という部分はまったく描かれません。

生き残ったもの同士が再会したり、仲間の死を悲しんだり、そういう人間模様こそが見たかった部分なのに、「生きました/死にました」で終わってしまうので 余韻もなにもない!

スポーツの試合結果みたいなエピローグなんよ…

また、感動系のストーリーではないので、良くも悪くもエキサイティングなホラー体験重視のゲームだと言えると思います。

まとめ

極上の恐怖体験ができるホラーアドベンチャーです。

過激なグロ描写待ったなしの刺激的なホラーに興味があるなら、断然おすすめ!

めっちゃ楽しめると思う!

アドベンチャーゲームとしては、思ったよりもストーリーの広がりがないのが残念。

周回も大変なので、ストーリーの変化を楽しむというよりは、1回こっきりの刺激的なホラー体験をしたい人に向いてるかな!

あと、当たり前ですが、ホラー苦手な人やグロいの無理な人は門前払いですよ!

『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』みたいなゲームのおすすめ

デトロイトビカムヒューマン

『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』の選択する楽しさにハマったなら、おすすめなのは『デトロイトビカムヒューマン』です。
人間に奉仕するアンドロイドが自我を持った世界で、革命を起こすインタラクティブアドベンチャー!
クアリーがグロテスクホラー版デトイトといった様相なので、クアリーが好きなら絶対楽しめると思います!

ウォーキング・デッド


『クアリー ~悪夢のサマーキャンプ』の刺激的なホラーADVが気に入ったなら、おすすめなのは『ウォーキング・デッド』です。
ゾンビが跋扈する世界で、主人公と少女が生き抜くサバイバルホラー。
CERO:Zであることからもわかるように、グロテスクな描写も含まれており、怖いだけでなく少女と主人公の 絆にグッとくる感動作です!