12/13 00:00-1件のコメントに返信しました。

絶体絶命都市4【プレイ日記】コンビニ店長がKUZUすぎる!食料にトイレの確保…大地震で混乱する都市を生き抜け!

プレイまとめ

ゲームと映画大好き!
わにやまさん(@waniwani75)です。

今回は、PS4『絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-』のプレイ日記、兼、プチ感想。

わたしは絶体絶命都市シリーズ初プレイなので、空腹やトイレを気にしながらプレイするのが新鮮ですね!

まだプレイ中なので、ゲームを進めしだい追記していこうと思います。

スポンサーリンク

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-:プレイ日記その1

ネタ祭り状態の選択肢

シリーズ初プレイのわたしがまず驚いたのは、選択肢の多さとそのネタっぷりです!

主人公は就職面接を受けるためにバスに乗車しているのですが、前に立っているおばあさんに席をゆずる際にこんな選択肢が提示されます。

  • 快くお婆さんに席をゆずる
  • もうすぐ目的地のはずだ!と思い出し、席をゆずる
  • 周りの視線を気にして仕方なく席をゆずる
  • なんだって私の前に…!と悪態をついて席をゆずる

「周りの視線を気にして仕方なく席をゆずる」までは、まぁ、リアルに感じられるといえばそうですが…。

「なんだって私の前に…!と悪態をついて席をゆずる」って…、

器がちっせぇ!


次の選択肢もかなり強烈。

バスの車内でいっせいに「緊急地震速報」が鳴り響きます

そんな時、主人公がとる行動は?

  • 緊急地震速報に従い、周囲のものにつかまり、姿勢を下げる
  • よくわからないので、周囲の人の真似をして、姿勢を下げる
  • 恥ずかしいので、いつもどおり平静を装おう
  • 緊急地震速報を信じずに、悠然と構える
  • 余裕があることを見せつけるために鼻歌を歌う

「余裕があることを見せつけるために鼻歌を歌う」って、

誰に対してッ!?

なんだ、このネタ祭りは…。笑

どうやらこのゲームの選択肢は、「善行」「悪行」「現実にやってしまいそうなこと」「おふざけ」の4つでできているみたいですね。

相手の反応が見てみたくて、ついつい変な選択肢を選んでしまいたくなる魔力が潜んでいますよ。

大地震勃発

画面がガタガタと揺れたと思うと、景色は一変

火災に、ビルの倒壊、車は放置と、都市はあっという間に機能しなくなってしまいます。


道路を歩いていると、余震が起き、近くの街灯や信号機がグラグラと揺れて倒れてくる…。

これは、こわい!

誰でも一度は経験したことのある地震。

日本の街並みが地震によって壊れていく映像とコントローラーがブルッ!と来るだけで、記憶のそこに眠ってる恐怖が呼び起こされる感じがします。

目の前でビルが倒壊して道が塞がれたり、突如高速道路が崩壊して、逃げ遅れるとぺしゃんこにされてゲームオーバー!なんてことも。

どうやら、このゲームでは余震が起きた場合は、高い建造物から離れて「伏せ」ないとライフが減ってしまうようですね。


ステータス画面からは、主人公の状態を見ることができるのですが、

  • ストレス
  • のどの渇き
  • 腹具合
  • 食欲
  • 排泄欲求

などの、いろんな項目があります。

どこかで飲み物や食べ物を確保しないといけないんでしょう。

とりあえず、トイレを見かけたらもよおしてなくても用を足す!

直近では、トイレ我慢するのが一番つらそうですからね!

KUZUすぎるコンビニ店長の出現

はい、やってきました!
強烈すぎるコンビニ店長の登場です!

このコンビニ店長「クマザワ」、最後の1本であるミネラルウォーターを法外な値段で売りつけてきます。


「はい、ミネラルウォーターは2万円になります!」

「なります!」じゃないし!

まぁそうですよね、需要と供給を考えると、値段を釣り上げるのはうまいやり口なのかもしれません。

しかし、クマザワのKUZUっぷりはこんなもんじゃないんです。

「高すぎでしょ!もっと安くしてよ!」と抗議するやいなや…、

「ピンポンパンポーン!価格改定のお知らせです。ミネラルウォーターはたった今3万円になりましたー!」

こ、こいつ、KUZUすぎる!!

殴っていいか!?

1発殴ってもいいんか!?


すでに開いた口が塞がらないわたしですが、クマザワに衝撃の事実発覚。

なんと、クマザワ…、

コンビニ店長じゃなかった!!

ただの部外者のおっさんやった!

本物の店長、めっちゃいい人やった!

本物の店長、迷惑をかけたとして、ミネラルウォーターを無料でくれる始末。


なんやったんや…。

ニセモノ店長クマザワ、あいつは一体、なんやったんや…。

胸板イケメンとチンピラとの出会い


コンビニのバックヤードでは、傷を負って弱っている、なぜか胸板を主張気味のイケメンに遭遇。

彼に地下鉄のコインロッカーの鍵を託されますが、これ、分かりづらくて見つけられなかったんですよね…。

気がついたら、地下鉄から出ちゃってて、探しに戻ろうとしても地震によるガレキで不可逆。

やっちゃったよ〜!

いや、これ最初からやり直すのは流石に面倒だし、胸板イケメンには悪いけど、このまま進むことにしましょう。


地下鉄では、ガレキの山に下敷きになっていた花苗に出会います。

一緒に地下鉄から脱出しようとしますが、チンピラ2人に遭遇。


「ここで、女を捕まえられるとはラッキーだぜ!」

って、また、KUZUの登場かい!!

災害時にはモラルを欠いた行動に出るやつもたくさんいますよね、そりゃあ。

災害だけでなく、人間からも身を守らないといけない。

心が荒むけど、これがリアル。

地下鉄を脱出した主人公は、海路での帰宅を目指してフェリー乗り場へと向かいます。

まとめ

シリーズ初プレイとなりましたが、今のところは、リアルな災害シミュというよりも、災害の中で渦巻く人間模様を見ていくアドベンチャーのイメージが強いですね。

今回書いた以外にも、女子高生軍団や、会社の社長、「不謹慎だ!」と避難される弾き語りアーティストなど、いろんな出会いがあり、この先で再登場してくれそうなので、どんな展開が見れるのか楽しみです。

おまけの感想

災害時に役立つ知識が盛りだくさん!

リアルな災害時に役立つ情報を見ることができます。
災害時はリュックのような両手のあくものがよく、重いものを上の方に入れると歩きやすいって知ってました?

コスチュームやキャラメイクが楽しめる

髪型や髪色など、かなり細かいキャラメイクが可能で、ゲームを進めていると様々なコスチュームに着替えることもできます。
スーツ姿では歩きづらいので、今はコンビニのバイト服を愛用中!

本物の企業とタイアップ!

ゲームの中には、日清のカップヌードルやradikoが登場!
radikoは災害時の情報収集に、カップヌードルは保存食としてかな?

インタラクトできるものがわかりづらい

調べられるもの、開けられる扉、登れる段差が分かりづらく、どこ行ったらいいのかわからない迷子状態に陥りがちです。

コメント